なぜ?失効が出来るの?

小型船舶操縦士免許証の有効期間の更新制度は1983年から実施されています。
例え、免許の有効期限が切れていても、資格事態の効力は終身ですので
自動車免許とは違い、失効講習を受講すると使用できる免許が交付されます。

この更新制度の目的は5年ごとに小型船舶操縦士の技能を支える身体的基準の確保
及び、小型船舶操縦士の水準を維持することによって、人的側面から船舶航行の安全を図る事です。

簡単に言いますと、受講者が船舶の船長となることができる身体的な基準内にある事で
基準外である場合は、事故など起こす危険性がありますので、更新することは出来きず
船長として小型船舶に乗船することが出来ないのです。

小型船舶操縦士の水準を維持は法改正などにより、小型船舶の取り巻く環境が変化することを講習で
確認して頂く事です。
現在は小型船舶操縦者の遵守事項が法令として定められています、過去は有りません出来たので
このような、変化を講習補うのです。

最新の法改正

平成30年2月1日以降、小型船舶の船室外の甲板上では、原則、すべての乗船者にライフジャケットを着用することが、船長の義務になります。